不人気者のプライド、炎上系ユーチューバーにはならない指針

炎上マーケティングというものがあります。人間は「好き」または「嫌い」という極端な感情のものには関心はありますが、それ以外のものには基本的に無関心です。

 

承認欲求が満たされないと、「過激なことをして注目を浴びたい」という欲がでてきます。見てもらうのに最も手っ取り早い方法ですから、それが炎上系に発展します。現代は「人気」かどうか、フォロワー数や高評価、動画再生回数など数字で可視化されるので誰もが数字を稼ごうと必死です。

 

でもその欲求が人間の正常な判断をできなくさせる根本原因。なので私は「誰からも見られなくなろうが、全員からフォローを外されようが、どんな状況になっても更新し続ける修行である」と思うようにしています。仮に見られなくなったとしても、記録としては残るものなので自分であとから見返すものとしてつければいいとおもいます。

 

そうやって地道にブログやユーチューブを続けているほうが、中には応援してくれる人もいると信じています。マーケティングとか人に見てもらうための努力はしないといけないとは思いますが…。

 

「見られない時は自分の精神修行の場(過激な行動に走らず、更新をやめず、人気が出なくても継続していくこと)、見られたらラッキー」。そう思うことでブログを見られなくても、動画をみられなくても「過激系」に走ることを防げています。

 

不人気者には、不人気者なりのプライドというものがあるのです。


FavoriteLoadingこの記事をクリップする

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、投稿ボタンを押してください

CAPTCHA