オリジナルラインスタンプ制作!絵が上手い人は簡単なので是非

こんにちは。まさか自分のオリジナルキャラクターのラインスタンプを販売できるとは夢にも思わなかったしげむねです。

 

今日承認が下りたのですが、実はオリジナルラインスタンプを作ろうと思い立ったのは昨日の夕方。「ビジネスはスピードが命」とはいえ早すぎる!モヤモヤする時間がめっちゃ少なくて最高ですけれども(笑)。

 

是非絵がうまい人や、オリジナルスタンプ作りたいという人にもやって頂きたいので、自分が作ったやり方を共有したいと思います。

 

ラインスタンプが作れる方法は2つ

 

二通りの方法があります。

 

・WEBの「Lineクリエイターズマーケット」を使う
・「LINEスタンプメーカー」アプリを使う

 

アプリの方が簡単と聞いたので、自分はアプリを使いました。アプリで文字入れとかも出来るのですが、私はスマホ操作に不慣れですのでPCでイラストを作って携帯に画像を取り込み、アプリで一切加工せずに送信という形をとりました。

 

普通にペイントで絵を描いて、GIMPで文字入れ&透過

 

GIMPという万能ソフトだけで恐らく完結できたと思うのですが、ペイントでまず絵を作ってそのあとに文字入れと背景透過作業を行いました。

 

 

もともといろんなバージョンを作りやすいように、丸を使って描けるようにしていたのがよかった。こちらはかわいさ重視のスタンプにしました。

 

そして、YouTubeのサムネイルなどでもお世話になっている超有能無料画像編集・加工ソフト「GIMP」を使って背景を透過・文字入れをしました。

 

GIMPにしても、動画編集ソフトのDavinciにしても無料でできるの本当ありがたい。これら作った人たちの慈悲の精神えぐいです…。

 

 

どんな背景色でも文字が認識しやすいように縁をつけるのは、もうマストですよね。ちなみにこの文字のフォントも、しっかりと商用利用可能なものをインストールして使っています。あとにも述べますが、こういう審査は権利関係厳しいので。

 

そして最後に透過漏れがないか確認しなければいけないのです。背景の透過し忘れて「ゴミ」みたいなのついていたら、審査落ちちゃうという噂もネットではあったので。と思っていたんですが、実はこの「やったあ!」透過しわすれたところあるんです(苦笑)。

 

 

黒にしたら分かりやすいとおもうんで、黒にしてみました。わかります?この靴のちょっと下らへんの白いゴミみたいなところ。これ完全透過しわすれているやつです。恐らく描き直した時に、消し忘れが残っちゃった感じですかね。

 

今回は合格できましたが、中には1ドットも透過漏れがあったらダメみたいなこと書いているサイトもあったので、たまたま運がよかっただけなのか、審査が緩くなったのか…。しかし、こういうのって気になるとずっと気になっちゃうものですから、しっかりと透過漏れないか確認したほうが良いと思います。

 

そしてこれを8つ作らなければいけません。ラインスタンプは最低8個からではないと審査を受けられないのです。8個、16個、24個、32個、40個の中から自分で選びます。自分のオリジナルスタンプを作って使いたいだけだったので、何十個も作ってられないということで8つにしました。

 

夕方からぶっ通しで描き続け、どんなセリフが使われる率が高いのかを調べて、自分が使うであろう場面を想定して言葉選びをしました。そして23時20分ごろにすべて描き終えました。

 

 

スタンプ画像は370px×320pxが最大なのですが、YouTubeでみたところ「350px×310px」がおすすめって言ってる人がいたので、それが正しいのかはわかりませんでしたが先人の言うことに従うことにしました。

 

ここまでしたら、あとは「申請」です。

 

申請で気を付ける点も多いので注意!

 

実際にラインアプリを使ってやってもらった方が早いとは思いますが、「タイトル」、「説明文」、「写真使用の有無」、「販売の価格設定」、「プライベート設定」、「売上分配設定」、「コピーライト表示」、「販売エリア」などを設定していきます。

 

このタイトルや説明文も「権利関係(例LINEスタンプの「LINE」を使うと審査落ちしたという人がいました)」や、説明文でも不適切な表現、権利関係の侵害、内容と説明があってないと審査落ちなどもあるみたいなので、できるだけ「シンプル」にしたほうが良いと思います。

 

私の場合はタイトルは「しげむねくん」、説明文は「日常会話に使える「しげむねくん」スタンプ」にしました。これならシンプルで説明も最低限してるし、権利侵害などおきることはないだろうと。

 

写真使用の場合は、ここも権利が厳しいみたいで写真使用の証明書のようなものが必要みたいです。私の場合はイラストなので無し。

 

販売価格は、最低120円から決められます。

 

プライベート設定はラインストアに掲載しないことも可能みたいですね。そして売上分配設定は、分配しない場合は製作者のみ無料でダウンロードできます。ただ、購入されたとしてもその売上は1円も分配されません。一方、分配ありにした場合は売り上げの35%がこちらに入ってくるみたいです。もちろん全額ではありません。個人的にはせっかく作ったなら、ラインストアに載せてみたいし、普通に売り上げあったなら分配されたほうがよくない?ってことで、ありにしました。

 

コピーライトはストアなどで制作者の名前が入るところです。本名が嫌な方は私の様にMatsumoto Shigemuneとかにすればいいとおもいます。そして販売エリアなんですが、海外入れると審査に時間かかるみたいな情報があったので、「日本」だけにしました。

 

わずか半日で承認がおりました!

 

11時20分ごろに完成してすぐに申請したのですが、朝になってちょっと修正したい点があって一旦取り下げました。そして午後11時ごろに再申請。

 

審査って1週間掛かるとか言われてたんで、私もそのくらい掛かるんだろうなと思っていたら、

 

 

4時25分、完全油断しきっていた私のもとへラインから承認されたとメッセージが届きました。半日たらずで承認がおりました!人によっては数日から1週間掛かることもあるみたいですが。この早さはめっちゃ嬉しい。

 

絵がうまいとか下手とかではなく、しっかりガイドラインに沿ったものかが重要みたいなので、意外と誰でも簡単に作れます。結構そのガイドラインが厳しいところもあるんですが、シンプルなキャラクターと会話で使いやすいシンプルな文字を入れたら大丈夫だと思います。

 

 

LINEストアで自分のキャラクターが売られているのちょっと笑ってしまいますが、無事しげむねくんスタンプが販売されました!早速ダウンロードして無事、使えております。こんなにすぐ審査終わるなら、もっと絵のうまい人とか挑戦してみたらいかがでしょうか。すごい楽しいですよ。

 

挑戦される方は上記の内容を参考にしてみてください!以上、ラインスタンプになったしげむねでした。


FavoriteLoadingこの記事をクリップする

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、投稿ボタンを押してください

CAPTCHA