ウェブ | 画像 | 地図
松本管理人、2ヵ月ぶり退院 自殺未遂から復帰へ

 10月に首を吊って自殺未遂したSHIGEBASE・松本成宗管理人(28)が24日、約2ヵ月ぶりに入院していた精神病院から退院した。

 

 松本管理人は10月19日に自身のブログに遺書を書いて、自宅のベランダで首を吊って自殺を図ったが未遂に終わった。その後、両親に付き添われ救命救急センターで処置を受けたあと、近所の精神病院に入院していた。

 

 松本管理人は自身のブログとツイッターで退院を報告。「なんとか生きています。改めまして友人・知人の皆様方には大変ご心配をお掛けしましたことをお詫びします」と陳謝した。

 

 今後は自身の精神状態が安定するまでは、個別の面会や深いコミュニケーションを極力避けながら、徐々に安定させたいと意向を示した。

 

 今回の入院で受講していたプログラミングスクールは休学となり、診断書の提出などの手続きを経て再びプログラミングを勉強するという。

 

 復帰に向けて「暖かく見守って頂きたい」と呼びかけた。


FavoriteLoadingこの記事をクリップする

コメント

コメントを表示、投稿するにはSHIGEBASE会員としてログインする必要があります。登録していない方はこちら
SHIGEBASE会員ログイン




パスワードを忘れた
新規登録
SHIGEBASE会員とは
平均株価
最新記事

更新情報/Twitter
編集部からのお知らせ