【ブログ】「日向坂46を知らない友人に聴いてもらいたい」日向坂46の個人的好きな曲ベスト10

つい先日、日向坂46の写真集「日向撮」を購入しましたしげむねです。最近、毎日のように日向坂46がテレビやラジオなどに出るようになり、もはや追いきれません。ファンからすると嬉しい悲鳴ですね!(笑)

 

今日は「日向坂46の音楽」についてのお話です。もともと私はコブクロ、ゆず、ミスチル、高橋優など王道的なJ-POPをこよなく愛して生きてきました。カラオケ9時間なんて余裕なほど。そんな私がスポティファイでよく聞く日向坂46の好きな曲ベスト10をご紹介したいと思います。

 

「アイドルソングなんて…」とちょっと舐めて掛かっていましたが、聞いてみると結構いい曲もいっぱいあって「アイドルソングらしくない曲」もあって驚きました。偏見を取り払って、しっかり聞いてもらえれば普段アイドルの歌を聴かない友人も「いいやん!」と言ってくれそうな気がします。ぜひ聞いてみてほしいですね!

 

ではでは参りましょう~。カウントダウン!!!(10曲紹介するだけでランキングはつけません)

 

1.ときめき草

 

 

おひさまはもちろん、冠番組「日向坂で会いましょう」を見たことある人ならだれもが聴いたことある曲。そう、オープニングで使用されている曲です。もともとデビューシングルの表題曲候補だったみたいですね。

 

MVの雰囲気も好きでよく見てしまいます。作曲者の御子柴リョーマさんがツイッターでセルフカバーしたのを聴いて「かっけえ!!」って思って、一気に好きになってしまいました。

 

2.NO WAR in the future

 

 

ライブの定番曲のひとつですね。日向坂46の楽曲の中で最初に好きになった曲でもあります。

 

まあ盛り上がりますよね!(笑)。「NO WAR」というように反戦をテーマにした曲ですが、決して重い空気ではなく、近くの人と一緒に楽しもうぜみたいな楽しいノリで一体化できるところがとても良いです。

 

3.抱きしめてやる

 

 

これカラオケで女性に歌われたら惚れるんじゃないか曲個人的ナンバーワンです。男の弱さを包み込んでくれるような楽曲で、「ああ腕で思い切り抱きしめてやる」って女性が歌うのが凄いですよね。

 

「戦ったら負けることもある 傷つくことなにも恐れるな」っていう出だしも好きだし、そして「人は涙溜め 強がる弱き者」というサビの歌詞で、ただ包み込んでいるわけではなく、人間の弱さをしっかり理解している歌詞があって、その上ですべての弱さを包み込む感じがたまらないですね。なにか上手くいかなかったときに聴きたい曲。

 

4.一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない

 

 

日向坂46の最年少メンバー上村ひなのさんのソロ曲。普段ふわっとしていて、不思議ちゃんオーラ全開の上村さんとは思えない歌声。はじめてその歌声を聴いたときは衝撃でした…。

 

ファンからも言われてましたが、鈴木亜美に似ている感あってそのまま「BE TOGETHER」歌ってみてほしい…。曲自体もなんか不思議なんですが、ずっと聴いてたらつい口ずさんでしまう一曲(笑)。

 

5.川は流れる

 

 

リミックスしかなかった…。とても綺麗なメロディラインの曲!なんか夕方くらいに聴いてると心が洗われるような…なんか不思議な感覚がする曲。これがいわゆるエモい?

 

配信ライブを見ていた時に一度聴いただけで、「この曲ええな!」って思って好きになった曲です。

 

6.耳に落ちる涙

 

 

ファンの間では隠れた名曲とも名高い「耳に落ちる涙」。好きな曲にあげるおひさまも多い印象。個人的にこちらもメロディーラインが好き。

 

個人的にかとしこと加藤史帆さんの声質が好きなのですが、この曲はかとしの声質のよさが際立っているように思います。初っ端の「ふと一週間を振り返り…」のところや、2番の「コーヒー飲んだせいか やけに目が冴えていて」のところ、つい聴き入ってしまいます。

 

7.JOYFUL LOVE

 

 

おひさまから大人気の「JOYFUL LOVE」、通称「ジョイラ」。あのオードリー若林さんの好きな曲でもあります。

 

日向坂で会いましょうの前身、「ひらがな推し」時代に行われた1stシングルヒット祈願「駅伝」企画で、ゴール直前に流れたBGM。それきっかけで好きになりました。あの時の選曲と曲の使い方が神がかってたなあ…。ハッピーオーラをモットーにしている日向坂にピッタリな曲です。

 

8.君に話しておきたいこと

 

 

ココイチのCMソングでも使われました。CMソングに起用されるだけあってキャッチーな感じで、繰り返し聴いてると自然と口ずさんじゃう。

 

全体的にユニゾンが心地よいんですが、特に「どうしてもどうしても君にだけは話しておきたいんだ」のところは人気で私も好きです。

 

9.それでも歩いてる

 

 

アイドルソングとは思えない、吉田拓郎さんとかが歌っていそうな曲。「人生とは負けるもの 膝小僧は擦りむくものなんだ」「何度でも立ち上がれよ 俺はそれでも歩いてく」とか普通に歌詞が良い。

 

ちなみに日向坂の曲をリビングで流していた時に、フォークソング調ということもあるとおもいますが還暦を過ぎた母が「この曲めっちゃ良い曲やん」と私に言ってきた曲でもあります。

 

10.期待していない自分

 

 

10曲目は選択しなくてはいけないのでめちゃめちゃ悩みました。他にも「沈黙が愛なら」「窓を開けなくても」「車輪が軋むように君が泣く」「まさか偶然…」等も好きなのですが、ひらがなけやき時代のアルバムリードである「期待していない自分」をチョイス。

 

最近は「王道アイドル路線」な表題曲が多く、ファンでない人はアイドルアイドルしている感強いかもしれませんが、欅坂の妹分的な存在だったこともあり結構メッセージ性の強い持ち歌も多いのです。キュンやアザトカワイイと言った表題&リード曲とは違った雰囲気の曲ですよね。

 

母「よく聴くと…」

 

以上、日向坂46を知らない友人に聴いてもらいたい曲個人的ベスト10でした。前述したように、リビングで日向坂46の曲を良く流しているのですが、私の母は普段「なにこの曲。嫌いやわ」ってストレートにいう人なんですね。

 

そんな母が日向坂の曲を流していると「よく聴くと良い曲多いな。人気になるのも分かるわ」と言っておりました。私もそう思います。「ひらがな推し」「日向坂で会いましょう」という冠番組が面白くて好きになった私ですが、よく聴いてると「ああ、良い曲やな」って思える曲が結構多かったです。個人的にカップリングとかのほうが好きですね。

 

友人の皆様、紹介しきれなかった曲もぜひ聴いてみてください!そして、好きな曲があったら感想聞かせてくださいませ。


FavoriteLoadingこの記事をクリップする

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、投稿ボタンを押してください

CAPTCHA